読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ググッと考える!

大手法律事務所の弁護士から株式会社LiBに移籍! https://www.libinc.co.jp

7大宗祖たちの濃厚キャラクター:(1)空海が最澄を嫌悪した理由

 
観光などでお寺に行くと、たいていの場合「◯◯宗■■寺」という名前がついています。この「◯◯宗」というのが宗派の名前であり、各宗派には、それを開いたとされる宗祖が存在します。今回は、お寺を訪れた際にその宗派に少しでも注目できるよう、メジャーな宗派の宗祖さんたちをご紹介したいと思います。
 
歴史の教科書などでよく目にする宗派といえば、だいたい以下の7つくらいだと思います。
 
③浄土宗(法然
④浄土真宗(親鸞
 
このうち、①天台宗と②真言宗は平安仏教、その他③〜⑦の宗派は鎌倉仏教です。
宗祖さんたちのキャラクターがわかるよう、僕が抱いているイメージを基に、勝手に(強引に?!)それぞれキャッチフレーズをつけさせていただきました。(あくまでイメージです!イメージ!)
 
【悲しき秀才=最澄
【アク強き大天才=空海
【慈悲と温もりの人格者=法然
【愚かなハゲ=親鸞
【孤高の求道者=道元
【茶と禅の伝道師=栄西
【猪突猛進のカリスマ=日蓮
 
どうですか?これで少しは、宗祖さんたちがどんな人物であったかイメージが湧いてきましたか?・・・え、湧かない?では、宗祖さんたちを二人一組で比較しながら、それぞれのキャラクターを詳しく見ていくことにしましょう。
 
最澄空海
 
最澄は無数にある釈迦の教えを整理して体系づけ、仏教の総合大学たる比叡山延暦寺を開きました。これにより日本の大乗仏教の基礎が築かれ、③〜⑦の鎌倉仏教の宗祖たちも皆、この比叡山で学びました。
性格的には、最澄は理知的な秀才タイプだったのだろうと思います。また彼は、人間の煩悩や苦悩を直視する、純粋で真面目な人間でした
 
一方で、空海最澄とは正反対の性格の持主です。空海は芸術の分野でも類まれな才能を発揮する天才であると同時に、まさに空や海の如く広くおおらかな心を持つ、豪快で明朗な人物でした空海密教真言宗)は、欲望を肯定し、アニミズム的・現世利益的・呪術的な要素をも含むもので、仏教の中でもかなり異色の教えを説いています。
 
 
平安仏教の宗祖として尊敬を集めている最澄空海ですが、実はこの二人は犬猿の仲だった・・・というか、空海最澄を徹底的に嫌っていて、最後には絶縁状態だったということをご存知でしょうか。
 
空海最澄を嫌った根本的な原因は、二人が考える「密教」の位置づけが全く異なっていたという点にあると考えられます。
 
空海は、仏教をまず「密教」とそれ以外の「顕教」とに分け、顕教の中に大乗仏教小乗仏教とがあると考えます。(「密教」とは、宇宙の真理を説く奥深い秘密の教えであり、「顕教」とは、衆生を教化するために言葉で説き顕された教えであるとされました。)
その上で、空海密教こそ最高の教えであり、顕教は劣ったものであると考えました。
 
これに対し、最澄は、仏教をまず「大乗仏教」と「小乗仏教」とに分け、大乗仏教の中に密教顕教があると考えていました。最澄に「密教顕教よりも優れている」という発想はなく、あくまで大乗仏教の中の1つの教えとして、密教を捉えていました。
このように、最澄空海とでは、密教に対する考え方が180度違っていたわけです。
 
空海>      <最澄
密教       ●大乗仏教
顕教        ・密教
 ・大乗仏教     ・顕教
 ・小乗仏教    ●小乗仏教
 
 
最澄は、密教比叡山のカリキュラムの一つとするため、空海に対し、「密教の経典を貸してほしい」とか、「密教の教えをちょろっと教えてほしい」などと繰り返しお願いしています。しかし、空海にとって、密教とは書物を読んでマスターできるようなお手軽なものではなく、弟子として修行を積んで体得すべきものでした最澄は最後までこのことを理解できなかったため、空海を怒らせてしまったのです。
 
二人の関係が険悪になっていく中、最澄の一番の愛弟子が空海の弟子になるという事件が起こります。最澄はこれを嘆き悲しみ、「ゆめゆめ、老僧を棄つるなかれ」と懇願する手紙を書きましたが、返ってきたのは最澄との絶縁を宣言する返事だけでした。
 
さらに、最澄は奈良仏教(南都六宗)から執拗な攻撃を受け、それに論駁するのに休む間もありませんでした。また、最澄を寵愛していた桓武天皇の死後、最澄は政治の舞台でも苦しい立場に立たされていました。
このように、最澄の後半生は苦渋に満ちたものだったのです。
 
 
僕の中で、空海といえば明るく力強く、多くの人を惹きつける「太陽」のようなイメージが浮かびます。ただ、そりの合わない人に対しては激しく批難するような、(芸術家タイプの?)アクの強い性格だったのかもしれません。
他方で、最澄は繊細な神経の持主であり、空海の発するパワーに圧倒されて悲しく人生を終えていったようです。空海が太陽なら、最澄は青白く光る「月」のようなイメージでしょうか
 
・・・さてさて、最澄空海の話に熱が入り、鎌倉仏教の宗祖たちに全く触れることができませんでした!僕が最も尊敬している法然さんや、「愚かなハゲ」の謎など、語りたいことはたくさんありますので、次回に続きます!