読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ググッと考える!

大手法律事務所の弁護士から株式会社LiBに移籍! https://www.libinc.co.jp

悩みを突破するために、価値観を「ことば化」する 

 

最近、自分が「こうなりたい」と思う姿と現実の姿が一致していないことに悩んでいる人の真剣な話を聞く機会が何度かあった。僕も学生の頃からずっとそんな問題に悩んできたので、気持ちが痛いほどわかった。
僕は、そんな悩みを突破するために、まず自分の理想像、すなわち価値観を「ことば化」する作業をしてみるといいんじゃないかなと思っている。

ここで言う「価値観」とは、
「どんな人生を生きたいか/どう死にたいか」という問いに対する答えであり、
自分にとって不可欠かつ最も根源的な欲望であり、
人生における選択の基準である
といえる。

「将来◯◯をしたいなー、◯◯になりたいなー」という思いに対して、「それはなぜ?」という問いを繰り返した時に、それ以上遡ることができない「答え」が、価値観にあたる。

f:id:kshinagawa:20160923090521p:plain

※         ※         ※

そして、「ことば化」とは文字通り、フワフワとした考えを具体的な「ことば」に落とし込む作業だ。

ここでのポイントは2つある。

一つは、「それはなぜ?」という問に対して、「だってそう思っちゃうんだから仕方ないじゃん!!」と開き直れるくらいの「根源的な」欲望を探すことだ。

例えば、「食糧問題に取り組む国際機関の職員になりたい」という思いがある時、「それはなぜ?」と聞かれたら、人によって色々答えはありそうだ。
こんな場合には、もう何回か「なぜ?」を繰り返していってはじめて、自分の価値観にたどり着くことができる。

もう一つは、自分の根源的な欲望を、過不足無く「ことば」に落とし込むことだ。

ある一つの目標だけで人生100%満足という人は少なく、仕事、趣味、友だち、家族、お金、ライフスタイルにまつわることなど、欲望はいくつかあるのが普通だろうと思う。
「その価値観が満たされれば、自分は100%満足して死ねるか」を考えてみて、自分の持っている価値観を全て「ことば化」するよう努める必要がある。

他方で、人生の満足にとって不可欠な欲望以外は価値観になりえない。
僕たちはみな、素晴らしい才能があって、社会から賞賛されて、愛する家族や友人がいて、お金もたくさんあって…という人生に憧れる。
ただその中でも、「自分の人生にとって不可欠な欲望はどれか」という観点から、余分な欲望を削ぎ落としていく必要がある。
最後に残った「何か」が、真の価値観ということになる。

※         ※         ※


前のブログでも書いたとおり、以上のような作業で僕がたどり着いた価値観は、

①大きな事をすること(あるべき未来に対して大きく貢献すること)
②オリジナリティ溢れる、自分だけの人生を歩むこと
③心がやさしい人でいること
④家族を大切にすること 

という4つだった。

今の僕が、本当の意味での自分の価値観を見つけられているのかはわからない。でも重要なことは、常に自分の価値観を「ことば化」する努力をし続けることだ。

そして、暫定的なものでいいので、「ことば化」した価値観を自分の中心に置いてみて、それに照らして選択・決断・行動することが大切だと思う。

次は、価値観の見つけ方や、価値観を「ことば化」することの具体的なメリットについて書いてみたいと思う。