読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ググッと考える!

大手法律事務所の弁護士から株式会社LiBに移籍! https://www.libinc.co.jp

【部下として、上司として】「体験」を「経験」に昇華する

 

僕たちは日々の仕事の中で、様々な「体験」をしている。

・お客様に「ありがとう」と言われる
・営業が成功して新しい案件を受注する
・自分が推進したプロジェクトが失敗に終わり、関係者に謝罪する
・飛び込み営業先でお客様に怒鳴られて追い返される
・考えの甘さを上司に叱られる


これらは全て、仕事上の「体験」だ。

人が生きている限り、外界から絶え間なく「刺激」が飛び込んでくる。
その刺激に対して、人の内面では刻々と「感情」が生まれては消えていく。

誰かに感謝されたり新規案件を受注できたら嬉しいし、
誰かに怒られたり叱られたりしたら、悔しいし悲しい。

こう考えると、体験の本質は外界からの刺激と、それにより発生する感情だということができる。 

f:id:kshinagawa:20161022124815j:plain


※      ※      ※

 

ところで、社会人になって間もない人や、(僕のように)全く異業種の仕事を始めた人は、仕事の中でうまくいかないこと、失敗することも多いと思う。
そこで重要になってくるのが、「体験を経験に昇華する力」だ。

僕の理解では、「経験」とは「体験に自分なりの意味を付与したもの」ということになる。

f:id:kshinagawa:20161022124844j:plain
例えば、営業に失敗してお客様に追い返され、上司にも怒られた時に、
「辛いよぉ。おれは何てダメなんだ…」とヘコんでいるのが「体験」のレベルだとすると、
「この悔しい体験は、自分の人生や目標にとってどんな意味を持つんだっけ?」と考えてみるのが、「経験」のレベルだ。

刺激や感情はすぐに消え去り、体験は一過性のもののであるのに対し、経験は僕たちの中に蓄積されていき、やがて人生の勝率を上げるための肥やしになる。

体験を経験に昇華するためには、自分がその仕事をしいることの意義や目標から振り返ってみたり、10年後にその体験をどんな「笑い話」として語れるかを考えてみるのがよいと思う。


つまり、「体験」を少し離れたところから眺めてみれば、そこに「意味」が生まれ、単なる体験が「経験」へと昇華する。


※      ※      ※


この「体験を経験に昇華させる力」は、人を育てるためにも必要とされる力だと思う。新人や部下の失敗(体験)が持つ意味について示唆を与えることができれば、彼らが過度に近視眼的になりマイナスの感情に支配されることもない。

LiBに入ってよかったと思うことの一つは、成功や失敗の体験が自分や組織にとってどんな意味を持つのかについて、しつこいくらいにフィードバックがもらえることだ。
そういう環境に身をおくことができているのは、とてもうれしいなと思っている。